中村武司 ”PC-ONE”パソコン一つでゼロから富を生み出す不動産投資法

中村武司 ”PC-ONE”パソコン一つでゼロから富を生み出す不動産投資法

 

不動産投資をする上でもっとも重要視することとは、「極限にまでお金を使わず目的を達成すること」です。

 

限られた時間、限られた資金の中でいかにリスクを回避し、目標を手にすること出来るか、徹底的に焦点を絞って考え抜くことが必要です。

 

レバレッジをきかすということですね。

 

では、稼ぎ続ける物件を手にするためにはどうしたら良いでしょうか?

 

不動産投資家にとって永遠とも言えるテーマです。

 

何が最も重要なのでしょうか?

 

それは、数字を見るチカラです。

 

この数字を見る力こそ現金を生み出すパワーというわけです。

 

不動産投資は長期ビジネスですから、長期に安定して稼げるメリットがある反面、

 

失敗した場合、長期に渡る痛手をこうむることになります。そして、その額が大きいという特徴があります

 

にもかかわらず、多くの投資家が感覚で投資を行っているのが現状です。

 

失敗しないためにも、客観的な数字で将来像を描くことが重要です。

 

目先の判断や個人的な感情を根こそぎ取り払った上で、

 

10年後、20年後に渡るリスクを計算した緻密さが成功の絶対条件です。